給与アップ等自分都合の転職はアリ?

同じ場所で働き続けるほうが仕事に慣れミスも減る、といった考え方を持つ人が看護のお仕事業界では一定数いる一方で、どうしても今の職場より給与が高く残業も少ないような職場の存在を知ってしまうともっと好条件の職場で働きたいなと思うもの。しかし夫の転勤や出産等やんごとなき事情による転職はともかく「給与アップ」のような自己都合の転職はしばしば求人先に良くない心象をもたらし敬遠されてしまうと言います。自分の給与アップの為に転職するは総合的に見てあり?なし?


看護師業界の転職事情

一般企業への転職ならともかく看護のお仕事業界での転職であるならば、転職の経歴や転職数は一般企業ほどデメリットにならないのでそういった転職は「あり」だと思います。転職の回数が多ければ多いほど一般企業への就職は難しくなるのが普通ですが、看護師業界に限って言えば転職の回数は必ずしもデメリットになるとは限りません。というのも「看護師が転職した回数」というのはそれだけ多くの職場を経験してきたという事なので、様々な分野の知識が求められる総合やクリニック等で高い需要があります。(⇒【看護のお仕事】の口コミ・評判・求人について)どうしても転職経験が少ないと眼科なら眼科、内科なら内科のスペシャリスト、のようになりがちで活躍できる場が限られがちです。ただいくら転職の数が多いとはいえ一所に居た期間があまりにも短いと一般企業同様に看護師であっても転職が難しくなってきます。ネックになってくるのは転職した回数そのものというよりも一つ一つの勤続年数だと言えます。 給与アップ!

内部事情に注意

ただ所謂やんごとなき事情によって転職した人と違い給与アップが目的で転職する人というのは今の職場より良い環境をゴールとしている為転職の際は十分求人情報の詳細、さらには内部事情にも気を付けておかなくてはなりません。というのも今の職場が余程劣悪な環境でもない限りなかなか転職するだけで給与がアップするような看護のお仕事というのは出てき辛いからです。例えば今より給与の高い求人があって応募してみたものの蓋をあけてみれば今より残業がはるかに多く時給換算したら前の職場のほうが全然よかった、給与はあがらなくてもいいから残業のない職場が良いと転職してみたものの結局前とあまり変わらなかった、そんな話をこの看護のお仕事関係の転職ではよく耳にします。好条件の求人程引く手あまたですぐなくなってしまうもの、それなりに良い条件の求人を見つけるには時間とそしてコンサルタントさんとの協力が不可欠です。特に職場の人間関係や「残業なしの実際の所」といった内部事情は自力ではわかり辛いのでコンサルタントの方に確認を取ることを習慣付けましょう。

土日や祝日にしっかり休める求人はある?