看護師の転職は難しい?

最初は自分の技術向上になればという思いから、また給与が高ければどんな激務でも耐えられるという気持ちから比較的忙しい病院の部門に就職したもののいざ働いてみると辛くて… 逆に残業無しが魅力でクリニックに勤めてみたもののいまいちやりがいが感じられない… 職場の人間関係がうまくいっていなくて… 看護師の方が「転職したい!」と感じる理由はこのように様々です、しかし「看護師の転職は難しい」という定説が転職したい看護師の方のブレーキになっていると言います。では本当に看護師の方の転職は難しいのでしょうか?


仕事の忙しさは看護師転職サイトでカバー

よく激務と言われる看護師職では働きながら転職するのが難しい、と言われていますがその点に関しては近年では解消されつつあります。何故なら看護のお仕事のような看護師求人サイトが普及する事で、自分の希望する条件にあった求人を探す、面接のセッティングや条件交渉といった転職に必要な段取りの殆どが転職コンサルタントの手によって行われるからです。自身がやる事と言えば求人サイトに登録して希望する条件をコンサルタントに伝えるだけ、あとは要所要所でコンサルタントの方と打ち合わせをするだけです。(⇒【看護のお仕事】の口コミ・評判・求人について)また面接に関しても普通の一般職でしたらどうしても平日の昼間に集中しやすいのですが、看護師職の面接では働きながら転職活動をしている方の事を配慮し日程や時間の融通が幾分利きやすいと言います。そういった意味ではある意味普通の仕事をしているサラリーマンの方より看護のお仕事は楽なくらいです。 楽々転職

人間関係のトラブルは

ただ転職を思いとどまったほうが良いケースの一つに「人間関係のトラブル」があります。円満退社の場合は何も問題がないのですが病院という業界は意外と病院同士の結びつきが強く、転職の理由によってはしばしば再開からの気まずいシーンなんてこともあると言います。またよく「自分の能力不足がつらくて」という真面目な方がいらっしゃりますが、誰だって最初から完璧に看護のお仕事ができる人はいません。能力不足を厳しく言ってくる先輩が居たとして、その理由が本当にあなたの能力不足である場合は転職先でも同じことが起こり得ます。特に働き始めて2~3か月ではまだ「その病院が自分にあわないのか」「業界そのものに自分がなれていないのか」の見極めは難しく、後者であった場合はやはり転職したところで同じような人間関係の不和を起こしてしまいがちです。この看護のお仕事業界はどこにいっても困難であることを前提にまずは一定期間働き続ける事が大事です。その上で冷静に自分に非が無いかを確認し次に相手に改善を求めましょう。それでも人間関係のトラブルが解決しない場合はじめて転職の必要性が出てきます。

給与アップ等自分都合の転職はアリ?