ナースは病院の形態で仕事は変わる

病院といっても数も種類もさまざま。
大きくて有名な大学病院は数多く存在していますし、そこで働くナースの数はとても多いです。医者の数も多く、そこで働く方には専用の仕事や看護が求められます。
対して民間が運営する民間病院なら、規模は大学病院より小さくなり働いている人の数も大きく変わってきます。
どこで働くのが一番合っているのか。現在すでにどこかの病院に勤めている方なら、本当にそこが自分に合っているのか。もう一度考えてみましょう。
もし転職が必要ならば、転職サイトなどを活用して早めに転職活動を行いましょう。


より専門的な医療に触れたナースの方

大学病院なら、難しいけがの状態や病気の方が多く治療しに来られるので、それを治療するために医者がどんな医療を施すのかなど見ることができ、とても勉強になります。
実際に自分が看護する側に回れば、とても勉強になりますよね。
細分化されてシステムがきちんと整っている規模の大きい大学病院で働けば、あなたのナースとしてのキャリアアップにつながるのではないでしょうか。(⇒給与アップ等自分都合の転職はアリ?
反対に、自分のペースで学習や看護をすすめていきたいと思っておられるかたは、民間病院をおすすめします。民間病院で務めるナースにはより患者さんとの密接な関係と看護が求められるんですよ。