「看護のお仕事」に登録しよう

「看護のお仕事」は数ある看護師求人サイトの中でも高い人気を誇る求人サイトです。「看護師さんと寄り添い向き合う転職サイト」をスローガンに掲げ、多くの看護師求人比較サイトで高い順位と評価を得ています。また当サイトもそんな日本最大級の看護師求人サイト「看護のお仕事」を高く評価しているサイトの一つです。その評価の理由は何といっても「口コミ」「評判」の高さにあります。

例えば「美味しい」「新鮮」「希少」というような誰の目から見ても明らかな評価がしやすい食べ物や他ジャンルと違って「看護師求人サイトの評価」というのは説明し辛くまた伝わりにくいです。求人数の多さや約定率は必ずしもユーザーの希望する職場があるという保証にはなりませんし、またユーザーの年齢や所有資格等の違いによって同じサイトを利用するにしても転職の難易度が違ってきます。

そこで評価基準の一つのなるのがユーザーの口コミや評価です。どのような境遇のユーザーであれ高い評価や良い口コミの多い求人サイトというのは、それだけ様々な要望に応える体制が整っている、また多くの人に利用されているサイトという一つの判断ソースになります。勿論口コミや評価の信憑性に関しては常に考えなくてはいけません、しかし私たちはこれだけ多くの人に指示されている「看護のお仕事」を優良な看護師転職サイトだと考えています。以下はその口コミや評価の一部を抜粋し何故「看護のお仕事」が選ばれているかを紹介するものです。


看護のお仕事は求人数が多い

看護のお仕事は日本全国の求人情報を取り扱っておりその事務所情報はおよそ12万件にも及ぶと言われています。また取扱い案件数は14万を超え、とにかく膨大な求人データベースを抱えた巨大看護師求人サイトとなっています。総合病院や一般病院、クリニックといった通常の医療機関は勿論介護施設や老人ホーム、保育園や訪問看護ステーション等看護師の力が求められている職場を幅広く紹介しています。口コミには例えば「給与が高くてなおかつ夜勤がなくて土日ちゃんと休める、託児所もあればなお良いな、なんて条件の職場そうそう無いと思っていたらこんなに出てくるなんてびっくり」「自分の環境は恵まれていると思っていたのですが、利用してみるとずっと良い待遇の職場があって驚きました、早めに気付き転職できてよかったです」といった意見があります。 転職コンシェルジュ

転職コンサルタントが就職までしっかりサポート

また看護のお仕事では「転職コンサルタント」と呼ばれるサポーターがあなたの転職を手伝います。転職コンサルタントは専任制であなたの転職を終始しっかりとサポートします。専門的な知識を持ち看護師ならではの悩みにもしっかり相談に応じてくれる他、履歴書の書き方や面接指南から平和的な退職手続や非公開求人の紹介など多角的な援助が見込めます。さらに看護のお仕事では電話対応が24時間年中無休となっておりこれは数ある看護師求人サイトの中でも唯一のサービスだと言われています。仕事の時間が不規則で日中や平日に連絡を入れ辛い看護師の方でも気軽に電話できるのがこのサービスの強みです。口コミでも「なかなか自分の条件にあう職場がなかったのですが、それでも100件以上の電話をかけて条件にあった求人を見つけてくれました」「出産を境に休職したことでブランクのあった私ですが、親身になって相談にのってくれたおかげで子育てと両立でき、またブランクがあっても大丈夫と言ってくれる良い職場に巡り合えました」といった意見が聞かれました。


本当に12万円もらえるの?

そして看護のお仕事といえば少しいやらしい話にはなりますが何といってもこれ「転職支援金として最大で12万円をプレゼント」転職してすぐは引っ越し等何かとお金がかかるもの、貰えるのであればやはりもらっておきたいですよね…?看護師転職サイトを比較した場合でも転職支援金として12万円もプレゼントしてくれるサイトは稀です。しかし本当に12万円も看護師求人サイトを利用して転職しただけでもらえるの?という疑問も尤も、そんな時に参考になるのが口コミや評判といったユーザーによる評価です。口コミでは「当サービスを利用していただいたささやかなお礼です、と転職支援金を渡してもらえました」「これからもがんばってくださいね、とお金をいただいた」という情報がある事から少なくとも一定数お金が贈られている人はいるようです。 看護のお仕事

このような前向きな口コミと評価から当サイトは看護のお仕事をお勧めしています。これから転職を考えている方は勿論、まだ転職とまではいかないけどちょっと気になっている方、すでに他の看護師求人サイトを利用している方も是非登録してみてはいかがでしょうか。

{関連サイト}
看護roo!・・・・「看護のお仕事」よりも、求人案件数の多い「看護roo!」のサイトです。2つのサービスを同時に使う方法もありです。