転職支援金

何も看護師に限ったことではありませんが転職というのは何かとお金のかかるものです。特に移動の伴う転職であれば引越し代等がかかってきますし、長いこと就職活動を行っていないという人はリクルートスーツも新調しなくてはいけませんし面接の度に交通費等もかかってきます。また仕事と並行して行っているのであれば兎も角、退職した後の転職活動であればどうしても金銭的に苦しくなってくるもの。こういった背景もあり看護のお仕事では転職支援金として最高で12万円を、看護のお仕事を利用して転職したユーザーの方に送っていると言い、また看護のお仕事が多くの方に選ばれている理由の一つでもあります。


転職支援金の受け取り方

看護のお仕事を利用して転職支援金を受け取る為には当然看護のお仕事に登録しサイトを経て知った求人で転職を成功させる必要があります。また転職支援金は就職に成功して2か月後から申請が可能となります。基本的には転職した2か月後に転職の際にお世話になった担当コンサルタントの方に電話をする事で転職支援金の手続きを進めていきます。その後あなたの雇用形態に応じた転職支援金が指定口座に振り込まれる、といった形式を取っています。因み支払金額の一例としては看護部長や看護師長、施設管理者といった管理職で最高額の12万円、常勤(夜勤アリ)の方で3万円、夜勤の無い常勤ないし非常勤の方で1万円が転職支援金として振り込まれた例があります。(⇒【看護のお仕事】の口コミ・評判・求人について)なお転職から一年以上経っている場合だとこの転職支援金制度は受けられない他、細かいルールがあり場合によっては転職支援金の対象とならない場合があるので公式サイトをよく読む、コンサルタントの方に聞いてみる等しっかりと確認するようにしましょう。 転職支援金

看護のお仕事を他と比較した場合

なお看護のお仕事の他にも転職支援金サービスを行っている看護師求人サイトはいくつかありますが、最高12万円もの転職支援金を配布しているサイトは稀だと言います。そしてそれ以上に看護のお仕事は「就職後2か月」で転職支援金を受け取れる点において他のサイトより秀でていると言います。一般的な看護師求人サイトの転職支援金は就職から凡そ6か月後となっているのが一般的、しかし6か月も経っていれば本当にお金に困っている時期は過ぎていますよね。そもそもこの転職支援金配布までのブランク、これは離職率を下げる為に設けられていると言われています。転職支援金がもらえるまでは頑張ろう、と続けているうちに意外と環境に慣れてまだまだ続けられそう!となるそうです。そんな中看護のお仕事は2か月で転職支援金を贈っています。これは2か月でも離職率に影響しない、つまり求人をコンサルタントの方が紹介する時点でユーザーの希望と職場の実際に働いてみたギャップが少ないという風にも言えるでしょう。転職支援金制度のひとつをとっても看護のお仕事はそれだけ優秀な看護師求人サイトであることがうかがえます。